オンラインカジノでの入金・出金方法について

オンラインカジノ、ポーカーをリアルマネー(現金)でプレーするためには、アカウントに入金をする必要があります。 もちろん、サイトによっては、オンラインのカジノゲームを無料でプレーできるゲームもあります。 しかし、結果的には、多くのプレーヤーがリアルマネーでプレーしたいと考えています。ポーカーをリアルマネーでプレーするためには、オンラインカジノと実際の入出金が必要です。 オンラインカジノでの入金法: アカウントに入金する カジノアカウントに入金する方法は、いくつかあります。受け入れられる入金の方法は、カジノによって異なります。 ひとつは、パスポートのような第...

ランドカジノ?オンラインカジノ?どちらが面白い?

オンラインカジノにもライブディーラーがリアルタイムで対応するライブカジノ(があります。 「じゃあ、ランドカジノには行かなくてもよくない?」 ランドカジノ=ラスベガスのように実際に店舗を構えるカジノ そんな気がしますね。そもそも、日本にはお金がかけられるランドカジノはありませんが、好きな人はマカオやラスベガスに行くほどランドカジノが好き。 なぜ?何が違うの? ランドカジノ VS オンラインカジノ 社会的側面 ランドカジノは、オンラインカジノよりも、直接的な社会性があります。 オンラインカジノでも、チャット機能を使うことができますが、基本的には、自宅でひとり...

ラスベガスのCaesars Palace Casinoの歴史(1962年-1967年)

Caesars Palaceの歴史 アトランタ、ジョージアから始まり、カリフォルニアのパロアルトではまだ準備段階だった、世界各地に事業を展開する「キャバナ」モーテルのオーナーであるJay Sarnoなしには語れません。 1962年、Sarnoは、Teamsters Central States Pension Fundから、$10,6ミリオンを借り入れました。 新 しいアイデアを模索していましたが、最終的にラスベガスのストリップに落ちつきました。ここで、土地所有者のKirk Kerkorianと契約を結び、34エーカーの土地をリゾート地として開発しました...

ラスベガスのBinion’s Horseshoe Casinoの歴史:概要

Benny Binionは、1940年代後半にテキサスからラスベガスにやってきたました。ちょうど彼の非合法活動が、地元の法的執行機関から目を逃れることができる時期でした。 ギャンブルが合法であるベガスは、密輸などをしたことがあるBennyにしっくりきました。1951年に、いくつかのカジノ運営に失敗したあと、Bennyは、1951年にエルドラドクラブを買収しました。 彼 はこのクラブを改築し、デザインを一新し、西洋風につくりかえ、Binion’s Horseshoe Casinoと名前を付けました。Bennyは、メインルームのガラスケースの飾り...

London Vic Casinoの歴史

ロンドンEdgware 通りのハイド公園北側に位置し、別名London Vicとして知られるGrosvenor Victoria Casinoは、ポーカープレーヤーにとっては歴史的な名所になっています。 実質的に英国でトップを争うポーカープロでさえ、London Vicの壁にたどり着くのは簡単なことではありません。 London Vicの起源 London Vicは、Victoria Sporting Clubとしてスタートしたのが始まりで、ここは競馬の価格を設定する私設馬券屋のための、シングルルームの会員制クラブでした。 ひとつの部屋に多くのギャンブラ...

1 2 3 4 5