ネットフリックスで見られる、人気のギャンブル映画TOP10

ネットフリックスで見られる、人気のギャンブル映画TOP10

ネットフリックスではたくさんの種類のドラマや映画を見ることができます。これらの映画の中にはギャンブル映画もたくさんあります。

そこでこの記事では、ネットフリックスで人気を集めているギャンブル関連の記事を紹介します。

カイジ ファイナルゲーム

カイジは、大人気の漫画を藤原竜也主演で実写映画化したもの。「カイジ ファイナルゲーム」はそのシリーズの3作品目となります。

この作品は原作者の福本が考案したオリジナルストーリーで、「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」という4つの新しいゲームを描いているのが特徴です。

そして、主人公であるカイジは、「バベルの塔」というイベントの存在を知らされ挑戦するのですが…。

藤原竜也以外にも、福士蒼汰、天海祐希、生瀬勝久など豪華なキャストにも注目です。

賭ケグルイ

賭ケグルイは大人気コミックをアニメ化、映画化した作品です。

賭ケグルイは、ギャンブルによって支配された名門校・私立百花王学園を舞台としており、その学校に転入生としてやってきた蛇喰夢子を中心に、物語が進んでいきます。

賭ケグルイでは作中でのギャンブルシーンが多く、その中でキャラクターの表情が急変するのが人気の理由の1つとなっています。

また、愛らしいキャラクターが登場するのも賭ケグルイの魅力であり、多くのファンを獲得しています。

オーシャンズシリーズ

「オーシャンズ11」、「オーシャンズ12」、「オーシャンズ13」のオーシャンズシリーズは日本でも根強い人気を集めているギャンブル映画です。50年以上前の「オーシャンズ11」を原作としたこの作品は、カジノでの強盗をテーマとしています。カジノの煌びやかな世界と共に、ハラハラドキドキする展開から目が離すことができない人気の映画です。

007/カジノ・ロワイヤル(原題:Casino Royale)

007/カジノ・ロワイヤルは1967年に公開された、スパイコメディ映画。

主人公は英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンド。彼は、最初のミッションとして国際テロ組織のネットワークを絶つ任務を任されますが、なんとテロ組織の資金源であるル・シッフルとポーカー対決をすることになります。

作中では多くの駆け引きがあり、スリル満点のギャンブル映画となっています。

ルール・オブ・デス/カジノの死角(原題:Croupier)

ルール・オブ・デス/カジノの死角は、20年以上も前の作品ですが、今でも人気のギャンブル映画として多くの動画配信サイトで配信されています。

この映画はプロディーラーの視点からギャンブルを描いた作品であり、舞台はロンドンの小さなカジノ。そこで主人公が人生をカジノとして捉え、ギャンブルで生き抜こうとする様子が書かれています。

特にギャンブル映画らしい煌びやかさはないですが、現実世界とギャンブルの類似性を描いた興味深い作品です。

ワイルド・ギャンブル(原題:Mississippi Grind)

ワイルド・ギャンブルは2015年にアメリカで公開された映画です。

ギャンブル映画の中でもコミカルな作品であり、笑いながら見ることができます。

ワイルド・ギャンブルには二人の主人公が登場し、国中を旅して回り、多くの州のカジノでプレイしていきます。そして、大金持ちになることを目指して、プロのギャンブラーと対戦していくのですが…。

ラスベガスをぶっつぶせ(原題:21)

「ラスベガスをぶっつぶせ」は2008年にアメリカで公開された映画であり、興行収入1位を獲得したヒット作品です。この映画は実際に起こったカードカウンティング事件がベースになっています。

映画の主人公であるマサチューセッツ工科大学に通うベンには並外れた数学的資質があり、それを活かしてブラックジャックの必勝法であるカードカウンティング法を編み出した天才チームに加入します。

そして、その学生チームが実際のカジノでプロのギャンブラーをどんどん負かしていくのです。

初心者である学生がプロのギャンブラーを倒してく様子は見ていて気持ちがよく、思わず学生たちを応援したくなってしまう作品です。

ラウンダーズ(原題:Rounders)

ラウンダーズは1998年にアメリカで公開された映画です・

ラウンダーとは「カードゲームで生計を立てている人物」のことを指し、主人公であるニューヨークのロー・スクールに通うマイク・マクダーモットは、自身のポーカーの才能を活かしてどんどん稼いでいきます。

そしてマイクはマフィアとの勝負に勝ち、世界選手権を目指していくのですが、なかなかうまくいかず。マイクは一度ポーカーをやめることを決意したものの、再びポーカーの世界へと引き込まれ、その中でもがいていきます。

ラウンダーズからは「勝負は手札ではない、相手の表情だ」など多くの名言があり、ギャンブラーからも人気を集めている作品です。

ザ・クーラー(原題:The Cooler)

ザ・クーラーは2003年にアメリカで公開された映画。

「クーラー」とは専門用語でギャンブルのプレイヤーに不運をもたらす、不運の神様のことを言います。タイトルからも想像できるように、この映画の主人公であるバーニー・ルーツはこのクーラーなのです。そんな主人公はカジノにとっては利益をもたらす存在です。そのため、カジノで働きますが、ウェイトレスのナタリー・ベリザリオをと恋に落ちます。

そこでバーニーは街を離れようとしますが、カジノの雇い主はこれに猛反対。そして、バーニーとナタリーは殺し屋から追われるようになってしまうのです。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(原題:The Hangover)

アメリカの人気映画シリーズであるThe Hangoverの第1作となる、「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」。

本作は2日後に結婚を控えたダグのバチェラー・パーティーから始まります。ダグの友人であるフィルとスチュ、義弟となるアランの4人でラスベガスへ向かい、最高の夜を過ごしますが、なんと次の日になると部屋の中が荒らされているのです。

そして探っていく中でさまざまなトラブルに巻き込まれていきます。そんな中でアランはカジノへ行き、カードカウンティングを使用することによって、ブラックジャックで8万ドルを稼ぎだします。彼らはトラブルを乗り越え、バチェラー・パーティーにたどり着くことができるのか。笑いたい時にみる作品としてもおすすめです。

日本トップクラスカジノ