ラスベガスのBinion's Horseshoe Casinoの歴史:概要

ラスベガスのBinion's Horseshoe Casinoの歴史:概要

20 11月 2015 | 11:10 著者: CasinoTop10

Benny Binionは、1940年代後半にテキサスからラスベガスにやってきたました。ちょうど彼の非合法活動が、地元の法的執行機関から目を逃れることができる時期でした。

ギャンブルが合法であるベガスは、密輸などをしたことがあるBennyにしっくりきました。1951年に、いくつかのカジノ運営に失敗したあと、Bennyは、1951年にエルドラドクラブを買収しました。

彼 はこのクラブを改築し、デザインを一新し、西洋風につくりかえ、Binion's Horseshoe Casinoと名前を付けました。Bennyは、メインルームのガラスケースの飾りつけに100万ドルを投入し、床はカーペット張りにし、ベガスで最高額 のリミットを提示したので、このカジノはとても有名になりました。

Nick the Greek対Johnny Mossの有名な対戦

1951 年に、Binion's Horseshoeでは、ポーカーレジェンドのJohnny Mossと富豪ギャンブラーのNick "the Greek" Dandalosのヘッズアップ ポーカー対戦が開催されました。この対戦は、数ヶ月続き、数100万ドルが、両者を何度も移動する接戦でした。見物客が ありとあらゆる場所からやってきて、ゲームを観戦し、カジノのビジネスに拍車をかけました。

ポーカー世界シリーズの到来

1970 年には、ポーカーの世界シリーズがスタートしました。もともとのコンセプトは、ポーカーの達人たちが一同に介し、誰がベストプレーヤーかを競うもので、 1971年に始まった目玉イベントのテキサスホールデムは、ポーカーの世界シャンピオンを決めるゲームになりました。イベントは、最初は少人数のプレー ヤーでスタートしましたが、年々その数は増え、信じられないほどの規模に膨れ上がり、現在では、テレビで大々的に放映されるイベントになっています。

Binion's Horseshoe Casinoの終息

Bennyは、1989年に亡くなり、約10年後に彼の娘のBecky Behnenが、兄のJackからカジノの経営を引き継ぎました。この人事移動は失敗で、彼女は、絶頂期ほど、カジノを運営しきれず、経営困難になりました。

2003年には、オンラインで$40でチケットを手にした、アマチュアプレーヤーのChris Moneymakerが、ポーカー世界シリーズのメインイベントで数百万ドルを獲得しました。その後ポーカーと世界シリーズは、とても有名になりました。

し かし、このポーカー人気の到来は、Binionsが立て直しを図るには遅すぎました。Becky Behnenは、すでに多額の借金を抱えていました。Harrahのエンターテーメントが勢いを増し、Horseshoeとポーカー世界シリーズのブラン ドを買収し、Behnenを救済し、Harrahは大いに稼ぎました。

MTRゲーミンググループがBinionsのブランドを引き継ぎ、2005年にはBinion's Gambling Hall and Hotelとしてホテルをオープンしました。

ゲームをする

ブラックジャック 無料

ブラックジャック 無料

この機会にぜひ 無料で遊べるブラックジャックをお楽しみください!

Read More

当選番号

ボーナス電卓

ゲームをする

ルーレット無料

ルーレット無料

ルーレットを無料で楽しみたい方は、ぜひこのサイトをご活用ください。

Read More