カジノの正しい服装は?👗ドレスコードガイド

casino_dress_code_image

「ドレスコード」とは、TPO(時間・場所・場面)にふさわしい服装を指します。結婚式、パーティ、ホテル、イベント、職場など、ドレスコードは意外と身近に溢れているものではありますが、カジノの場合はどうでしょうか?

「カジノの服装」というと、映画に出てくる様な豪華な世界を想像している方が多いかと思いますが、実は意外と普段着に近いカジュアルな服装でも入場OKな所もあり、海外のカジノは国や地域によってドレスコードが異なります。

🌎 カジノのドレスコード国別 🌎

  • アジアのカジノ: Casual(カジュアル)
  • 北アメリカのカジノ: Smart casual(スマートカジュアル)
  • ヨーロッパのカジノ:Business formal(ビジネスフォーマル)
  • オーストラリア/南米/アフリカのカジノ::Business casual(ビジネスカジュアル)
casino_dress_code_kind

👗ドレスコードの種類


まずは、ドレスコードの基本からみていきましょう。ドレスコードには、大まかに1〜5までの段階があり、数字が上がるにつれてレベルが上がるようになっています。

ドレスコードは「カジュアル」や「セミフォーマル」など名前で指定されることが多いので、これらの名前とコーディネートのイメージを押さえておくと便利です。

  1. Casual(カジュアル)
    襟なしTシャツ・パンツ・スニーカー・サンダルなどのラフな私服。
  2. Smart casual(スマートカジュアル)
    ジャケット・ポロシャツ・パンツ・ミニドレス・ブラウス・パンプス(男性の場合はノーネクタイでOK)など。
  3. Business casual(ビジネスカジュアル)
    襟付きシャツ・ネクタイ・ジャケット・チノパン・スラックス・革靴・タイトスカート
  4. Business formal(ビジネスフォーマル)
    ジャケット・ネクタイ・タキシード・ブラックスーツ・ロングドレス・クラッチバッグ
  5. Festive attire(フェスティブアタイア)
    ブラックスーツ・革靴・カクテルドレス・ヒール

🚫 カジノのドレスコード・禁止事項 🚫

カジノのドレスコードには以下の様な禁止事項があり、身に付けていると入場を断られるので注意が必要です。

サングラス

マスク

帽子

・ポケットが複数付いた洋服

これらのアイテムはカジノゲームのイカサマに利用されることもあり、防犯上の理由からも禁止されています。

casino_dress_code_asia

👗 アジアのカジノ:カジュアル


アジア圏内のカジノといえば、韓国、マカオ、シンガポール、ベトナムなどが挙げられ、日本からの移動距離も短いことから、近年多くの日本人が利用しています。

アジアのカジノクラブは庶民の生活に密着してきたこともあり、世界のカジノの中でもドレスコードが緩いのが特徴です。

🚹ドレスコード・男性

Tシャツ、ジーンズ、短パン、スニーカー、サンダル。

なるべくカジノを意識した格好をしたいという方は、襟付きのシャツと長ズボンに変えて見るのも良いでしょう。襟付きのシャツに変えるだけでもフォーマルを意識した格好に近づくことができます。

🚺 ドレスコード・女性

Tシャツ、ジーンズ、短パン、スカート、ワンピース、スニーカー、サンダル。

女性の場合は、ワンピースが無難で間違いない選択と言えます。そのままディナーに出かけることもでき、荷物にもならず1枚できまるのでおすすめです。

アジアのカジノは、リゾートホテル内に併設されていることが多いこともあり、リゾート地を観光で訪れ、そのままカジノに行くという感覚の格好でも全く問題ありません。

casino_dress_code_North_America

👗 北アメリカのカジノ:スマートカジュアル


カジノの本場であるラスベガスを含む、北アメリカでは20以上の州でカジノを楽しむことが可能です。カジノの本場ということもあり、ドレスコードは厳しいのかと思いきやアジア圏内に似て、規定が緩いのが特徴です。

🚹 ドレスコード・男性

Tシャツ、長ズボン、ジーンズ、スニーカー。日本のオフィスカジュアルを意識した格好であれば問題ないといったところです。

🚺 ドレスコード・女性

袖のあるトップス、ロングパンツ、スカート、パンプス。女性の場合は、肩や足元を露出し過ぎない格好を意識さえすれば、特別フォーマルな格好を意識する必要はありません。

アジア圏内のカジノとは違い、タンクトップ、ハーフパンツ、ビーチサンダル、などカジュアルすぎる格好は入場を断られる可能性があるので控えた方が良いでしょう。

casino_dress_code_europe

👗 ヨーロッパのカジノ:ビジネスフォーマル


ヨーロッパでは、イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、などカジノが合法として認められている国が35ヵ国程あります。

ヨーロッパは、カジノ発祥地ということもあり、ドレスコードは他の国々と比べて厳しめで、「フォーマル」がドレスコードとなっています。

🚹 ドレスコード・男性

ジャケット、Yシャツ、ネクタイ、革靴が必須。蝶ネクタイや、チーフでオシャレを楽しむのもおすすめです。

更に格式の高いカジノでは、タキシードやディレクターズスーツといった、よりフォーマルなドレスコードを指定する場合もあります。

🚺 ドレスコード・女性

露出の少ないロングドレス、ワンピース、ヒール、クラッチバック。女性の場合、髪をヘアサロンでセットしてもらうとより格好がきまります。

男女共に、派手な色より黒を基調とした物を装うのが常識となっています。

casino_dress_code_australia

👗 オーストラリア・南米のカジノ:ビジネスカジュアル


オーストラリアや、ペルー、アルゼンチン、コスタリカ、ベネズエラ、などの南米諸国のカジノのドレスコードは、「Business casual(ビジネスカジュアル)」となっていて、アメリカとヨーロッパのカジノの間というイメージです。

🚹 ドレスコード・男性

襟付きシャツ、長ズボン、革靴。ジャケットやチノパンを合わせて更にフォーマルさを付け足すことも可能です。ネクタイはなくても問題ありません。

🚺 ドレスコード・女性

ミニドレス、ワンピース、ヒール。更に、クラッチバックやパーティー向けのアクセアサリーを追加することでスタイルを仕上げることができ、問題なくカジノに入場できるでしょう。

男女共にフォーマルと違い、暗い色の服装を意識する必要はありません。

ジーパン、短パン、Tシャツ、サンダル、など極端にカジュアルな格好の場合、入場を断られる可能性があるので注意が必要です。

casino_dress_code_africa

👗アフリカのカジノ:ビジネスカジュアル


アフリカでは、エジプト、ケニア、ナイジェリアなど21カ国でカジノが楽しめ、オーストラリア・南米と同じ「Business casual(ビジネスカジュアル)」がドレスコードとなっています。

🚹 ドレスコード・男性

襟付きシャツ、長ズボン、革靴。

🚺 ドレスコード・女性

ミニドレス、ワンピース、ヒール、(クラッチバックもあると◎)。「ディナーに出かけても恥ずかしくない格好」を意識するとイメージしやすいです。

slotty_main

👗 行く前にオンラインカジノで練習!


カジノに必要なドレスコードは理解できたけれど、カジノのルールを詳しく知らない方やランドカジノが始めてという方も、心配することはありません。

オンラインカジノを利用すれば、オンライン上で好きなカジノゲームが楽しめます。スロットポーカーバカラブラックジャックなどゲームの種類も幅広くあるのでゲーム選びに困ることはありません。何より嬉しいのが、無料で遊べてしまうというところ。

ちなみにこのCasinoTop10のサイトにもテーブルゲームが練習できる無料カジノゲームを提供しています。

まずは無料で試してみて、課金前にルールを覚えたり、ベット方法、攻略法を試すことができるので、ランドカジノに行く予定のある方は事前に試してみる価値アリです!

ランドカジノに行く前のシュミレーションとして活用してみてはいかがでしょうか?

日本トップクラスカジノ